投稿募集

公益社団法人日本山岳会 上高地山岳研究所です。
上高地の四季、さんけんで過ごされる会員の皆さんの様子をお届けします。

投稿大募集!!
「さんけんブログ」に投稿してみませんか?
皆さんの『さんけん』にまつわる楽しい体験を教えてください。
→詳しくはこちら

2017年5月18日

キビ太の一日

早朝から何やら小鳥の声がけたたましく響く山研です。
ブラインドを開けると、そこには1羽のキビタキが。




テラスの手すりに止まってこちらを睨んだり威嚇したり。
「私に怒っているのか!?」と思いきや、
どうやらガラスに映る自分に怒っている様子。



午後になってもガラスの自分と戦っているキビ太です。
カメラを構える怪しい人影は、もはやどうでもよいらしい。


狙いをさだめては戦いを挑むキビ太。



今日は1日中こうして過ごすキビ太です。


                                     

                                     元川
       


2017年5月16日

芽吹き始めた上高地

今年はなぜか好天が続きませんが、
今朝は気持ちの良い快晴でした。
ケショウヤナギの新緑が美しい時です。
誰もいない早朝の河童橋。




ウエストン園地ではカツラの芽吹きが始まっていました。
六百山をバックに。



そして今日は戸袋のヘビ君とも無事に再会することができました。
                                     元川 

2017年5月15日

奥穂高岳に行ってきました。

ウェストン祭も近づいてきました。
私も一足早くウェストンの足跡を追って9日に奥穂高岳南稜を登ってきました。
ウェストンと嘉門次はこのルートで奥穂高を日帰りしたそうですが、まったくもって敵いません。
ビビリの私たちはロープを出しまくってしまいましたが、岳沢から見えるあの美しいトリコニーを越えて奥穂高に登ることができ、とても嬉しかったです。




岳沢はさんけんからも近く特に残雪期は魅力的なフィールドです。今年は雪が多く、例年より雪がつながっています。まだまだ、残雪の穂高を楽しめそうです。

見習い山研委員 山下

2017年5月12日

ニリンソウ咲き始めました

都会は夏日というのに、昨日は穂高の稜線は雪でした。
上高地の春も少し遅れ気味、でもようやくお花の便りが届き始めています。
山研前のニリンソウも本日開花しました!
水道工事の際に土を掘り返してしまったので、
ニリンソウが減ってしまうのでは・・・と心配しましたが、
また元どおりのお花畑になってくれそうです。


                                      元川

2017年5月8日

今日の上高地

連休明け、静かな上高地にやってきました。


見習い山研委員 山下

2017年4月27日

第49回上高地開山祭が行われました


本日4月27日、上高地河童橋で開山祭が催されました。
未明までシトシトと降り続いていた冷たい雨は、標高1800mあたりから上は雪になっていた模様。
それもすっかり止んで清々しい朝を迎えました。





お天気の回復した上高地にたくさんの人々が集い、開山祭の始まりです。
最初にアルプホルンの演奏。山々に柔らかな音色が響き渡ります。


上高地町会長の挨拶です


松本市と姉妹都市のグリンデルワルト村から26名が訪問されヨーデルを披露。


獅子舞の披露


河童橋の上での鏡開き


安井委員長は振舞酒の担当。お代わりを求める人も多いです。




今年は久しぶりに残雪が多く、ひと昔前の上高地に戻ったようです。
先週末の山研開所作業は雪との格闘でしたが、小屋開け部隊の絶妙なチームワークで無事に開所の運びとなりました。



また今年も半年間、よろしくお願いいたします!


                             山研運営委員長 安井
                                 管理人 元川

2017年4月25日

徳本峠越えとウェストン祭のお誘い


新入会員の皆さま

JACの仲間とウォルター・ウェストンの足跡をたどり、山研の宿泊を体験してみませんか?

新緑の島々谷から残雪の徳本峠越えて上高地に入ります。二輪草のお花畑や山芍薬を見ることができます。徳本峠からの明神岳も絶品です。
上高地では山研に1泊し、翌日「碑前祭」に参加します。

新入会員以外の会員も参加できます。







日程: 2017年6月3日(土)~6月4日(日)
費用: 12,000円(1泊2食、午餐会会費、記念品代、傷害保険料)
定員: 20名(24年度入会の会員、および本会会員の希望者)
申込: jac-sanken@jac.or.jp 5月8日(月)まで。会報「山」4月号参照。 
※現地集合・解散
※申込者に詳細を送ります。    



スケジュール
6月3日(土) 「徳本峠越え」
◆集合     午前5時30分 松本電鉄バス「島々宿」バス停近くの集会場
        山研委員会受付で受付後、朝食(各自用意)、登山準備を済ませてください。
       (注)ウェストン祭参加記念品(手拭いとブローチ)は山研でお渡しします。
◆出発式    午前6時00分
        ・式典後、山研隊のリーダーおよび各担当者紹介。
        ・登山開始。昼食も各自用意してください。
◆山研到着   午後4時30分頃予定。 部屋割り後、交代で入浴。
◆夕食・懇親会 午後6時30分~9時00分(食後に入浴も可能です)
◆消灯・就寝  午後10時00分

6月4日(日) 「第71回ウェストン祭」と「午餐会」
◆朝食     午前7時00分~8時00分
                      ・食後は全員で寝具の片付け、部屋の清掃をお願いします。
◆集合     午前9時30分 山研玄関前
                       ・記念撮影後碑前祭会場に移動。
◆碑前祭    午前10時00分~11時00分
◆午餐会    午後12時00分~午後1時30分(バス時間などの途中退席も可)

◎装備   無雪期の一般登山用具
                念のためスパッツ、ストックの用意をお勧めします。
◎参考   1)首都圏から新宿発「さわやか信州号」が便利です。
                2)前日に宿泊の場合は、各自で手配願います。松本電鉄新島々駅前に旅館があります。
                3)早朝につき「新島々駅」から「島々宿」への路線バスはありません。
       各自タクシーを手配頂くか、徒歩(約3.6km、1時間前後)でお越しください。
     ※交通、前日の宿泊は早めの手配をお勧めします。   

2017年3月23日

利用要領(管理規定)を一部改定いたしました。

準会員制度導入により今期より山研利用要領を一部改正しました。
詳しくは、山研利用要領のページを参照願います。


HPの会員専用ページ
(日本山岳会上高地山岳研究所管理規程)
(日本山岳会上高地山岳研究所利用要領)

山岳研究所運営委員会運営ウェブサイト(利用要領)


山研委員会



2017年3月6日

今年の冬も乗鞍で

2月27日から4日間乗鞍に籠ってきました。

27日は友人と乗鞍岳へ。天気に恵まれて楽しいハイクアップでしたが、23日に降った雨の影響でカリンコリンのアイスバーンに薄く雪が乗っている状態。シールでの登りに苦労し、ズルズリしながら肩の小屋まで。ここで板を脱ぎ捨てて、剣が峰へ行ってきました。
残りの3日間はゲレンデでコソ練です。
 














さて、山研委員会は4月22-23日に開所作業。24日25日から会員の皆様を受け入れる準備を進めています。上高地から残雪の山々に登るも良し、上高地で真っ白な穂高岳を心行くまで愛でるも良し。もうすぐ開山。皆様にお会いできることを楽しみにしています。


見習い山研委員 山下