投稿募集

公益社団法人日本山岳会 上高地山岳研究所です。
上高地の四季、さんけんで過ごされる会員の皆さんの様子をお届けします。

投稿大募集!!
「さんけんブログ」に投稿してみませんか?
皆さんの『さんけん』にまつわる楽しい体験を教えてください。
→詳しくはこちら

2014年8月29日

今日の上高地

上高地はいい天気です。稜線にはガスが付きはじめました。
涸沢では今日からカラフェス(涸沢フェスティバル)です。
おしゃれな登山者がたくさん涸沢を目指して登っていきました。
さんけんのオシャレ番長?としては、お呼ばれすれば一曲くらい歌うんですけど…。お呼ばれしませんでした。残念。
上高地はすっかり寒くなってきました。防寒着は忘れずにお持ちください。



山研委員 山下

2014年8月23日

えっ!青大将じゃないの?

おなじみの青大将も夏になるとあまり見られなくなるのですが、この日久しぶりにニョロリと姿を見かけました。
と思ったら、なんか雰囲気が違うじゃないですか!上半身が派手なオレンジ色!

名古屋のベテラン会員さんによるとやまかがしでは、とのこと。
すかさず東京の山ガールさんがスマホで写真を探してくれました。

たしかにやまかがしの模様のようです。
さんけんに現れたのは初めてなのでびっくりしました。
かまれないように気をつけなきゃいけません。

でも、青大将はいったいどこへ行ってしまったのでしょうか?
宿泊者提供 8月17日撮影
その翌日、いつものように青大将が出てきてくれました。これで、ひと安心。
「うちの子、無事でよかった」と管理人の妻。(いつからうちの子になった?)
やまかがしと青大将は相部屋だったということなのでしょうか。
アオダイショウ 8月18日撮影
その次の日には、今度は赤茶色いのが出てきたり(青大将の子どもか?)、
はたまたシマヘビがどこかから現れたり、
いったいどうなっているのジャ!
赤茶くん 8月19日撮影
シマヘビ 8月20日撮影
そして、珍しいことに、お出かけの青大将を、もう1匹が雨戸の戸袋からお見送り。

なんだかヘビの世界が落ち着かないようです。
いつもと違う行動は、梅雨のようなこの夏の天気と何か関係があったのでしょうか。

その後数日、やまかがしも見かけなくなり、行方がちょっと気になります。

管理人 内野

2014年8月20日

降ったり曇ったり、梅雨のような夏

ぐずついた天気の夏です。
8月初めに、来るぞ来るぞと待ちかまえつつ、なかなか通り過ぎなかった台風の影響があり、その後もほとんどすっきり晴れた日がありません。

降ったり曇ったり、梅雨のような夏です。
いや、今年の梅雨と比べれば、むしろ梅雨以上にじめじめしているかもしれません。


とっておきの夏休みを登山にあてようと計画されていた方は、本当に残念な思いをされていることとお察しします。
しばらく前の私事ですが、会社勤めをしていた頃は年に一度の登山である夏山縦走を心の栄養に過ごしていましたから。

さんけんの利用者でも、山に入るのを中止された方、途中で引き返した方などが多くいらっしゃいました。

そんななかで、連泊されていたご家族は奇跡の晴れ間をとらえて前穂高岳を往復されました。
もし天気が回復しなくても、ゆっくりじっくり上高地を楽しむというという手もあります。

何日か休みがとれる方はさんけんに滞在して天気待ちをされるのはいかがでしょうか?

また、さんけんは、前もって予約をいただいていますが、急に予定を変えて下山されたり、入山を控えられたりして、利用されるケースもあります。
8月前半に5組の方が当日や前日のご連絡でした。満室でお受けできない日もありますが、予定を変更された時点でお電話でご相談いただければと思います。


ところで、先日飲料水とミニ水力発電の水がほとんど流れておらず、復旧に向かったところ、取水口が空気を吸い込んでいました。強い雨がまとまって降ったときに増水して、押し上げられたようです。
ここ何年か続けて梅雨の末期に取水口が壊されていまして、取水ネットが流失したり、小さい滝の下まで押し流されたりして、山研委員さんの応援をいただいて復旧作業していました。
今年は大きな被害がなかったので助かっていましたが、8月のこの時期になってトラブルがあるとは意外でした。長靴の上まで水かさがありましたが、一人で復旧できる程度だったのが幸いでした。

管理人 内野


2014年8月17日

上高地散策してきました!

夏山シーズン本番のはずがどうして??の天候不順。なかなか稜線に上がれない日々が続いております。
こんな時は気分を入れ替えて、ゆっくりじっくり上高地でベースウォークなんていかがですか?

私も7月30-31日に姪っ子と毎年恒例の夏休み登山!諸事情によりお山に上がれず上高地を満喫してきました。

日中は冷たーい梓川で水遊び。よーく見るとマスの稚魚がいっぱい泳いでいたりします。

夜はさんけんの寝袋を持ち出して流れ星待ち!
子供たちのお願い事は「イクラがいっぱい食べられますよーに!」
私は「まりちゃんの山道具が戻ってきますよーーーーーにっ!!」という切実なもの(笑)

翌日はビジターセンターのガイドウォークに参加して明神までお散歩。
ガイドウォークに参加するのは2回目ですが、その度に、季節が変わる度に楽し発見や学びがあります。

穂高神社奥宮で解散。穂高の神様に「また3人で会えますよーに」とあすみちゃん、姪っ子はるかと私でちょっと大人なお願いをしてきました。


穂高や槍、憧れの頂に行くために通り過ぎるだけになりつつあった上高地。ゆっくり時間をかけて歩けばやはり美しいです。いつも。晴れても雨が降っても季節が変わっても、時代が流れても…。

自分なりのお気に入りの上高地を見つけてみませんか?


山研委員 山下