投稿募集

公益社団法人日本山岳会 上高地山岳研究所です。
上高地の四季、さんけんで過ごされる会員の皆さんの様子をお届けします。

投稿大募集!!
「さんけんブログ」に投稿してみませんか?
皆さんの『さんけん』にまつわる楽しい体験を教えてください。
→詳しくはこちら

2012年6月22日

台風一過とはならず、曇天の水源へ

先日の台風4号の予想進路に入っていましたので、近づく間心配でした。
19日夜に上陸しましたが、長野県内でもずっと南の方を通り過ぎ、上高地には大した影響はありませんでした。

さんけんの周りでは細い枝が吹き飛ばされたり、せっかく芽吹いたばかり、広がったばかりの葉が散らされたりしました。


台風よりもむしろ、その前の雨が厄介でした。
17日の明け方、短い時間でしたが激しい雨が降って、たちまち善六沢(水源)は濁り、その状態がしばらく続きました。
濁っただけでなく、ミニ水力発電を動かすには取水量が足りなくなってしまいました。
取水口が土砂で埋まったか、もしくはなにか不具合が生じたようでした。


そして、
台風の通過を待ってから、20日に水源に向かいました。
取水口はちょっとした滝状の上に設置しているのですが、パイプを支えていた落ち口(沢底)の石が落下してしまい、さらに取水口のネットがはね上げられていました。
一時的にどっと水かさが増えたためでしょう。

取水口のネットが半分ほど水面の上に出てしまっていました。
押さえてあった石は流された様子。


引っかかっていた枝や枯れ葉を取り除き、沢底を整え、石を転がしてきて押さえました。
下の写真のように、取水口はしっかりと水中に沈んでなければなりません。


ところで、
山で働くようになって、当然ながらずっと山にいるわけで、台風におびえることもあれば、過ぎた翌日の素晴らしい光景を目にするようにもなりました。

実は今回も、台風一過の写真をお届けできたらと期待したのですが、残念ながらからっと晴れることなく、その代わりの水源の写真となりました。
いずれ、またの機会に。

管理人 内野