投稿募集

公益社団法人日本山岳会 上高地山岳研究所です。
上高地の四季、さんけんで過ごされる会員の皆さんの様子をお届けします。

投稿大募集!!
「さんけんブログ」に投稿してみませんか?
皆さんの『さんけん』にまつわる楽しい体験を教えてください。
→詳しくはこちら

2017年6月26日

落とし文の季節

最近、上高地でよく落ちているオトシブミの揺籃です。
小さな甲虫がせっせと葉を折りたたんで作りました。
中には卵がひとつ、産み付けられているそうです。
いつもながら感心しますが、本当に上手に巻かれています。
簡単にはほぐれません。
そしてこの甲虫に「オトシブミ」と名付けるなんて、粋ですね。




 他にもこんな風変わりな植物もちらほら。
ヨモギの間から顔を出すのはオニノヤガラ。
これから更に背が伸びて、やがて地味に花を咲かせます。







今日は薄曇りの穏やかな一日です。
穂高は雲と戯れています。


元川

2017年6月14日

レンゲツツジが咲き始めました

梅雨入り宣言してからの方がナゼかお天気の良い上高地です。
この陽気に誘われてフラリと歩いていたら、
岳沢湿原でレンゲツツジが咲き始めていました。



清水川では、マガモ母さんが9羽のヒナを連れて泳いでいました。
少し大きくなってきていますね。



梅雨の中休み(?)はもう少し続きそうです。
思い立ったら上高地を歩きに来ませんか?
当日でも、空いていればもちろん山研ご利用可能です!

元川

2017年6月9日

小梨の花の当たり年

一昨日梅雨入りした上高地ですが、今朝は気持ちよく晴れました。
今年は小梨の花付きがよく、あちらこちらでこぼれそうに満開です。




そして河童橋からの焼岳と




穂高連峰です。







ところで
キビ太はあれから3日ほどテラスを訪れていましたが、
今はもう来なくなりました。
きっと無事に彼女ができたのだと思います。

元川

2017年6月2日

雨風の朝


 
夜来の雨風と雷で少々荒れ気味の朝となりました。
思わず耐風姿勢をとってしまいたくなるような風が、瞬間的に吹いています。
 
山研のガラス窓には、飛ばされてきた葉っぱがペタリ。
そしてテラスにはサワグルミの雄花が大量に散乱しております・・・。
 


でもこれからはお天気回復の予報。

明日はウエストン祭の徳本峠越えです。
皆さんの到着をお待ちしています!!

元川

2017年5月18日

キビ太の一日

早朝から何やら小鳥の声がけたたましく響く山研です。
ブラインドを開けると、そこには1羽のキビタキが。




テラスの手すりに止まってこちらを睨んだり威嚇したり。
「私に怒っているのか!?」と思いきや、
どうやらガラスに映る自分に怒っている様子。



午後になってもガラスの自分と戦っているキビ太です。
カメラを構える怪しい人影は、もはやどうでもよいらしい。


狙いをさだめては戦いを挑むキビ太。



今日は1日中こうして過ごすキビ太です。


                                     

                                     元川
       


2017年5月16日

芽吹き始めた上高地

今年はなぜか好天が続きませんが、
今朝は気持ちの良い快晴でした。
ケショウヤナギの新緑が美しい時です。
誰もいない早朝の河童橋。




ウエストン園地ではカツラの芽吹きが始まっていました。
六百山をバックに。



そして今日は戸袋のヘビ君とも無事に再会することができました。
                                     元川 

2017年5月15日

奥穂高岳に行ってきました。

ウェストン祭も近づいてきました。
私も一足早くウェストンの足跡を追って9日に奥穂高岳南稜を登ってきました。
ウェストンと嘉門次はこのルートで奥穂高を日帰りしたそうですが、まったくもって敵いません。
ビビリの私たちはロープを出しまくってしまいましたが、岳沢から見えるあの美しいトリコニーを越えて奥穂高に登ることができ、とても嬉しかったです。




岳沢はさんけんからも近く特に残雪期は魅力的なフィールドです。今年は雪が多く、例年より雪がつながっています。まだまだ、残雪の穂高を楽しめそうです。

見習い山研委員 山下